Month: 10月 2016

ふとした時に気づく無駄毛

普段生活していると特に気にしないけれど、友達や恋人と一緒にいる時や仕事をしている時など他人と接している時などに気になるのが無駄毛です。

例えば恋人とカフェでランチを楽しんでいる時にカップを持つ手の指先に毛が生えていないかと気になったり、仕事などで暑くなり腕を捲った際に腕の毛が生えていないかと気になるなど様々な場面で無駄毛が気になります。

Shocked woman普段は気にしている程度で毛抜きで抜いたり、剃刀などで剃ったりしているけれど、
旅行や出張などで毎日の手入れが出来なかった場合などどうしても伸びてくるのが無駄毛。

こういう際に脱毛していれば場面を気にすることなく腕を出したり出来るし、恋人に毛が濃ゆいなどと引かれたりす事も無くなる。

この様なことを考えると是が非でも脱毛をしたいと思います。

その他は、思春期の頃などは腕や脛、顎など様々な所に毛が生えくるし、周りの目を気にする年頃なので鏡を見るたびに自分の毛は濃ゆいではないか、など不安を抱くことが良くありました。

思えばその様に幼い頃から脱毛をしたいという思いを多くの人が持っていると思います。

人気が高いサロンが安くて安心です

小学生の時に同級生の男子にムダ毛が濃いことを指摘をされて(涙)

私は小さなころからムダ毛が濃くて悩んでいます。
ショックだったのは、小学生5年生くらいの時に、クラスの男子が私の腕のムダ毛を見て、「俺の毛より濃いよ!」って、もう一人の男子と会話していたことです。

surprised young woman自分でもムダ毛が濃いと思っていたのですが、それ以来、自分のムダ毛のことで、人目を気にするようになりました。当時、体育の授業は半袖の体操着にブルマだったので、腕や足のムダ毛がもろに出てしまい、とても恥ずかしかったのを覚えています。

ただ、かみそりで脱毛するやり方を当時は知らなかったので、セロテープでムダ毛をくっつけて、無理やり抜いたりしていました。

その後、抜いた箇所が赤くなってしまったり、そこからさらに濃い毛が生えてきて逆効果でした。また、小学校高学年の時にはすでに、腋毛が生えていました。

当時、スイミングを習っていたのですが、腋毛が恥ずかしかったです。
父がそれに築いて、母に言ってくれたのですが、母はそんなことはないと言って、とくに何もしてくれませんでした。

とにかく毛が濃くて小学生の頃から悩んでいました。